横浜の出会いで家に帰らない人々

2019.08.29 Thursday 12:09
0


    横浜の出会いは、翼が広がり、旗が風になびくのに苦しんでいる鳥のようなものです。ひらひら。
    老人は暴力的な雷を「ハッタ神」と呼びました。
    家に帰らない夏の霜

    横浜の出会いを愛する人々の千里眼

    夏の月の隣

    横浜 出会い

    季節の言葉は夏月
    幼少期の言語はクールで月の霜

    夏の夜なのに暑さは変わりませんが、古くから暑い日が過ぎているので、夏の夜空に明るく輝く月明かりの涼しさを感じることが目的です。

    夏は月明かりの横浜の出会いるさの視覚的な季節であり、夏の涼しさはより爽快に感じるタッチの季節です。

    春の月に残るのは、静かな気持ちではありません。

    夏霜は、まるで白い霜のように、夏の夜に地面に輝く月明かりの夜景です。
    真冬に痛む緊張感。 「霜月」に近いのは夏の霜だけです。

    category:- | by:yokohama766comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM