横浜で出会いがあり満開の春になる

2019.09.02 Monday 11:51
0

    日本の梅と小雪の庭を磨く
    (鈴木明子)
    一歩ずつ
    (稲葉Re子)
    日本のアプリコットが咲くゆうゆう
    (森純男)横浜で出会い
    ume梅と他の手
    (千田洋子)横浜で出会い
    梅と彼の妻を重要な人々と呼んだ横浜で出会い
    (上田五石)
    蝋梅と無言の花
    (山田みづえ)横浜で出会い
    梅野の光
    (友岡古郷)

    2月、秩父に蝋梅が咲きます。冬の終わりを告げる小さな黄色い花。
    この暖かい冬、所沢エアパークはすでに満開です。通勤農家の庭に植えた梅も咲きます。春は山、野原、村にやってくる。
    3月の蝋梅、梅の花、桜の花の隣。横浜で出会い

    冬から春に移る日々をどう見ていますか?

    千田洋子のフレーズは、パフォーマンスの最初の春と春の瞬間の非常に良い連続です。
    キャッツアイグラス

    眠そうな猫目草といろは歌

     

    横浜出会い

    シーズン
    猫目草
    春の季節
    子言語なし
    サキシフラゲ科の多年生植物。 5-20cmの高さで成長します。山野の渓流沿いによく見られます。 4月から5月にかけて、茎の先端に淡黄色の花が集まって咲きます。この名前は、果物が昼間は猫に似ているために付けられました。

    夏目So石は、俳句とは何かについて寺田明彦から尋ねられた。
    「俳句はレトリックの煎じ薬です。ファンの要のように指摘し、注意を喚起し、それから協会の世界を消散させることを提案します。」
    彼はこれについても話しました。横浜で出会い
    「雪のように見える花の通常の描写は月と呼ばれます。秋の風や白い木の弓などのフレーズは良いフレーズです。最初から良い人がいます。 ''

    category:- | by:yokohama766comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM