横浜で出会いがあり猫を公開する

2019.09.02 Monday 12:13
0

    冬の天気と横浜で出会い市
    (田代草猫)横浜で出会い

    多くの猫は公開されていません。
    しかし、夏目So石だったら、草の名前が季節の言葉だと聞いたとき、絞る気がします。

    また、田代So石の猫「ヒラベツタ」のフレーズで「私は猫です」と書いた夏目So石は幸せそうです。

    「春に近い」
    春のnextの木のけん玉
    熊で湧くパンダ横浜で出会い
    春次郎、白いシーツをなだめながら

    春の近く(ハルチカシ)

     

    横浜出会い
    冬の終わりの季節
    子供の言語は
    春の隣、春の隣、明日の春、春信、春香まゆ、春から急ぐ春

    寒さはあられと春が来ているという感覚の上にあります。
    「春を待つ」とは、遠い季節を待つようなものです。 「春に近い」には、季節の感覚があります。


    ネコ春隣
    (久保田万太郎)
    話しかけて春を待つ犬はりこ
    (小林一茶)
    市吹雪の隣
    (前田パラ)横浜で出会い
    銀青の夜空は春の隣です
    (飯田竜太)
    浮雲のAk春園
    クモの顔
    (森純男)横浜で出会い
    ハルエンからハーモニカを吹く女性
    (中山義之)

    明日の白いシーツは白鳥になります
    (At子美奈子)
    職場で時々賭けをする。シートを三角形に折ります。
    しわが寄ったしわの完成した白いシートは少し快適です。


    久保田満太郎が打つ俳句はかわいいものです。


    [BGM]
    私たちの失敗/森田道子横浜で出会い

    「Wi皮とおろし大根ほお紅


    季節の大根
    3つの冬の季節

    category:- | by:yokohama766comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM